1. ホーム
  2. 動画配信状況まとめ
  3. 国内ドラマ動画
  4. ≫ドラマ『トップナイフ-天才脳外科医の条件-』動画ネット配信情報(無料情報や全話配信など)

ドラマ『トップナイフ-天才脳外科医の条件-』動画ネット配信情報(無料情報や全話配信など)

トップナイフ-天才脳外科医の条件-

\ 無料で見放題 /

Huluで今すぐ見る
huluアカウントを新規登録すると『2週間無料トライアル』が適用され無料で見放題。

 

 

動画ネット配信状況

主要動画サービス別配信状況

日付は該当動画の配信状況を確認した日です。
配信サービス
情報調査日
無料可否
配信方式
無料視聴情報など解説
Hulu
2020/01/11
見放題無料視聴方法ありhuluアカウントを新規登録すると『2週間無料トライアル』が適用され無料で見放題。

作品概要

 TV   ドラマ   2020年1月 日本

“脳”という神の領域に踏み込むゴッドハンドたち ――完璧を求められ、成功が当たり前とされる手術の天才――そんな天才たちが我が身を削り、追い求めるその先にあるものは・・・ “トップナイフ”女帝×脳外科を仕切る彼女は、家族を捨てた。天才×世界的な技術を持つ彼は、愛に飢えた。秀才×天才に勝てない嫉妬が、彼を襲った。ド新人×勉強だけの彼女が、恋に落ちた。超一流の技術と誇りを持ちながらも、どこか不器用でいびつな医師たち。患者を救うために天才医師たちは何を手放したのか。神の技術と人間の苦悩・葛藤を描く リアル・ドクターストーリー

キャスト

  • 深山瑤子 … 天海祐希

    「家族を捨て、メスを握った脳外科の女帝」脳神経外科医50歳。東都総合病院脳神経外科、脳動脈瘤のスペシャリスト。部長の今出川から脳外をまとめるように言われる、管理職的役割。自分の実力一つで患者の人生が変わるのが脳外科医だと実感し、その責任と重要性を自覚して、患者の命を第一に考えている。しかし、その裏では家族を捨てたという罪悪感を抱えている。

  • 黒岩健吾 … 椎名桔平

    「愛に飢えた手術室の暴君(トップナイフ) 」脳神経外科医53歳。東都総合病院脳神経外科、脳腫瘍のスペシャリスト。「世界のクロイワ」の異名をとり、マスコミにもたびたび取り上げられるスター脳外科医。自分第一主義。仕事で散々人の命を救っているのだから、それ以外はすべて自分を優先してもいいと考えている。

  • 小机幸子 … 広瀬アリス

    「自称“天才”のド新人」脳神経外科医東都総合病院脳神経外科、専門研修医の26歳。幼い頃から神童ともてはやされ、何事も一番が当たり前でトップ中のトップになる人生を歩んできた。そして偏差値が最も高く、最も難しい医療だからという理由で脳外科医になる。だが医局に入り、実技がからっきしダメな新人と噂されるも本人にその自覚はない。しかも、恋愛経験はゼロで26歳にして初恋を経験することに・・・。

  • 西郡琢磨 … 永山絢斗

    「心を閉ざした孤高の秀才」東都総合病院脳神経外科、外科もカテーテルも出来る二刀流の34歳。手技に絶対的な自信を持ち、“天才”を自称。しかし、その自信は表面上のもので、中身はコンプレックスの塊。なぜか同僚にも患者にも心を開かない孤高の医師。

  • 来島達也 … 古川雄大

    「悩殺王子は脳外のオアシス」BAR「カサブランカ」のマスター。30歳。病院の近くにあるため、多くの医師たちの憩いの場となっている。とにかく軽くて、女性を口説くことしか頭にない。しかし、来島の醸し出す雰囲気で医師という仮面を外した深山たちは歌ったり踊ったりと意外な一面を見せることも・・・。

  • 今出川孝雄 … 三浦友和

    「真意を見せない脳外科のクセ者」東都総合病院脳神経外科部長61歳。医者としては平凡だが、人の適材適所を見分ける能力に長けている。周りに気を使って場を和ませようとおしゃべりになることが多いが、持ち前の着眼力でその人が一番言われたくないことまで言ってしまうことがたまに傷。実は、天才医師たちをこの脳外科に集めたのには、誰にも言えない秘密があって・・・。

  • 玉井静香 … 宮本茉由

    「二つの顔を持つ美人秘書」東都総合病院 脳神経外科の部長秘書。24歳。今出川部長の隣に佇む美人秘書。
    トップナイフたちの争いにはそれほど関心がないようだが・・・?実は秘書としてだけではなく○○な一面も・・・

  • 犬飼剛 … 福士誠治

    「ベールに包まれた敏腕看護師」東都総合病院脳神経外科の35歳看護師。女帝・深山からの厳しい要求に応え続けてきた数少ない看護師。ヤバい奴らを相手にできる唯一の存在。私生活は謎に包まれている・・・

  • 小沢真凛 … 森田望智

    「若きスーパーナース」東都総合病院脳神経外科の看護師。23歳。若手ながら群を抜いて優秀。看護師はもちろん使えない医師にも容赦ない。そんな真凛も新人医師・幸子と出会い関わるうちに変化が・・・!?

  • 伏見愛子 … 藤本泉

    「笑顔が癒しの常識人」東都総合病院脳神経外科、29歳の看護師。脳外科医たちの変人ぶりに驚かされている、一番の常識人。癒しの笑顔と冷静さで仕事に取り組む真面目さん。

第1話 2020年1月11日放送分

東都総合病院で“女帝”と名高い脳神経外科医の深山瑤子(天海祐希)は、 脳外部長の今出川孝雄(三浦友和)から、新しく赴任する3人の脳神経外科医のまとめ役を押し付けられ、ストレスを抱えていた。“世界のクロイワ”の異名を持つ世界的名医だが私生活では女癖の悪さで有名な 黒岩健吾(椎名桔平)、外科とカテーテルの二刀流で三度の飯よりオペが好きな西郡琢磨(永山絢斗)、そして医学部を首席で卒業した自信家だが現場での実力が伴っていない専門研修医の小机幸子(広瀬アリス)。この日、赴任早々、急患の対応を任されフリーズした幸子の前に現れた深山は、的確な判断と鮮やかな腕で患者の危機を救う。一度傷つけば取り返しのつかない“脳”を扱う脳神経外科は執刀医の腕が全て。深山は現場で使い物にならない幸子に早速苛立ちを覚える。さらにナースたちの間では腕の立つ“トップナイフ”である黒岩と西郡が“女帝”と衝突するだろうと噂されており……。

第2話 2020年1月18日放送分

「女は脳外に向いていない」と公言する黒岩(椎名桔平)と、自信家だが実力のない幸子(広瀬アリス)、さらには黒岩にライバル心剥き出しの西郡永山絢斗)と、足並みの揃わないドクターたちに手を焼く深山(天海祐希)。相変わらず調子のいい部長の今出川(三浦友和)は“共感性”の高い深山なら他のドクターの気持ちもわかる、と深山の話を取り合わず……。そんな中、深山は1年前に脳挫傷を負って回復した後、頭痛が取れなくなったという外来患者・牧羽由香里(松本若菜)を診察する。由香里は、実は脳外のドクターにつきまとわれて困っていることを相談に来たと話し、診察室の集合写真に写った黒岩を指差す!深山から女性関係のトラブルを指摘され心当たりの相手がいる黒岩。しかし翌日、黒岩につきまとわれていると話していたはずの由香里が、黒岩とすれ違っても全く反応しない様子に深山は違和感を抱く……。一方、自殺未遂を繰り返し屋上から転落した患者・桑原和子(濱田マリ)を担当する西郡は、自殺願望を持つ和子に強い嫌悪感を感じていた。10年前から顔面に強い痛みを感じる“三叉神経痛(さんさしんけいつう) ”を抱えながらも誰にも理解されてこなかったと話す和子は、「“痛み”は誰にもわからない」と諦め顔で語る。西郡は和子のその言葉が気にかかる様子。“痛み”に関する何かが西郡の過去にはありそうな予感で...

第3話 2020年1月25日放送分

突然転がり込んできた実の娘・真実(桜田ひより)に戸惑う深山(天海祐希)、元交際相手から「あなたの子供だ」と、小学生を突然押し付けられた黒岩(椎名桔平)、バーのチャラいマスター・来島(古川雄大)への恋心を指摘されて動揺する幸子(広瀬アリス)と、脳外のドクターたちのプライベートは前途多難。子供の面倒を見る為、シフトの調整をしようとする今出川(三浦友和)だったが、深山と黒岩はあえて仕事を優先する。そんな中、黒岩は関西弁の患者・赤坂(金井勇太)から、生粋の東京人であるにも関わらず、外傷性くも膜下出血になった後、関西弁しか話せなくなったと相談を受ける。一方、西郡(永山絢斗)が連日長時間のオペを志願していることを知った深山は、手に震えの出る西郡が何か事情を隠しているのではないかと問い詰めていた中、突然やってきた刑事から“殺人容疑”で連行されそうになる!通報者は「深山のオペで殺された」と主張していて・・・。

第4話 2020年2月1日放送分

深山(天海祐希)たちは救急搬送された記憶のない女性患者(中尾ミエ)の身元特定に頭を抱えていた。名前もわからず家族に連絡もできない中、複雑な表情を浮かべていた西郡(永山絢斗)は、女性患者と自分の関係を告白する。患者の娘・千春(三浦透子)によると、女性心臓外科医の第一人者だった患者・喜和子は2年前に脳腫瘍を発症。誰もやりたがらない難手術を西郡が執刀した結果、記憶をなくして徘徊を繰り返すようになったという。手術ミスのせいで喜和子の人生が台無しになったと千春は西郡を責めていて…。さらに、喜和子の意外な正体が明らかになる。そんな中、60代の男性・山口清(本田博太郎)が幼馴染の内田正(綾田俊樹)に付き添って病院を訪れる。記憶が3分しかもたず、自分が33歳だと思い込んでいる内田。彼を親身に世話する清だが、なぜかバッグの中には包丁を隠し持っていて……。今出川(三浦友和)は清が心に抱えている暗い感情に気づくが……。黒岩(椎名桔平)は西郡が切除しきれなかった腫瘍が喜和子の“逆向性健忘”を引き起こしている可能性に触れ、西郡の脳外科医としての腕を酷評する。西郡と喜和子との関係を自分と娘の関係に重ねる深山はその夜、カサブランカで顔を合わせた黒岩に言い過ぎだとたしなめるが、「甘い」と切り捨てられて……。一方、来島(古川雄大)への思いを持て余す幸子(広瀬アリス)は、自身をコントロールできなくなる中、まさかの来島からの急接近が!記憶をなくした患者とその周りの人間関係が渦巻く中、深山は脳に刻まれた患者の『真の想い』を読み解いていく・・・。

第5話 2020年2月8日放送分

かつて自分が失敗した母親のオペを黒岩(椎名桔平)が再手術し実力の差を目の当たりにした西郡(永山絢斗)と、来島(古川雄大)への恋に心乱されて勉強に集中できない幸子(広瀬アリス)。深山(天海祐希)は自分の“才能”に自信をなくした若手ドクター二人を気にかけるが……。そんな中、テレビでも活躍する天才ピアニスト景浦祐樹(柿澤勇人)が耳が聴こえにくいと病院に訪れる。巨大な聴神経腫瘍が見つかるものの、景浦は命よりも聴神経と顔面神経の温存を希望する。黒岩でも難しいオペが予想される中、なぜか今出川(三浦友和)は西郡を執刀医に指名して……。プレッシャーを感じる中、オペのシミュレーションに励む西郡は自宅のベランダから落ちた救急患者・根岸麻理恵(大西礼芳)を診察する。西郡から自殺しようとしたことを見抜かれた麻理恵は、音大の同級生の景浦と比べて、自分には才能がなくピアノ講師の職も失って自暴自棄になっていたことを告白する。才能がないのではなく諦めているから差がついたのだ、と厳しい言葉をかける西郡。その言葉は激励のようでもあり……。一方、幸子の様子を見かねて恋愛相談に乗った深山は、「来島と寝た」と聞いて遊び人の来島に事情を聞きに行くが……!そして、元交際相手から息子・保を押し付けられて共同生活を続ける黒岩は、自分の子供ではないことを証明するため、DNA鑑定を受けることに……。西郡の言葉に励まされ、自分の才能を諦めずに前向きに歩み始める麻理恵。夢への道が開きかけた矢先、深山は麻理恵の開花した『才能』について、ある真実に気づくのだった-。

第6話 2020年2月15日放送分

オペ以外の雑用が自分に回ってくることにストレスを感じる深山(天海祐希)。一方、リストラの噂を耳にした幸子(広瀬アリス)は自分のクビが切られるのでは、と戦々恐々。深山に取り入ろうとするが……。そんな中、西郡(永山絢斗)は自分の幻“ドッペルゲンガー”が見えるという患者・大澤卓司 (山本浩司)を診察する。実は大澤は10年前まで深山の下で東都総合病院の脳外科にいた医者。深山にクビを切られてから、内科医として開業医の実家を継いだのだと言う。大澤にだけ見える不穏な“幻の自分”は、深山に復讐をするようけしかけているのだが……。スタッフステーションでは、当時部下だった大澤に脳外科認定試験を受験する許可さえ出さなかったという“氷の女”深山の噂が飛び交い、幸子は自分の行く末を案じる。西郡は、脳外科医になる道を断たれた大澤がかつて病院から飛び降り自殺を図ったと聞き、今出川(三浦友和)に真偽を確かめるが……。一方、事故に巻き込まれ左手を切断した入院患者・原田保(笠松将)は、切断してなくなったはずの腕に激痛を感じる“幻肢痛”に悩まされていた。頭蓋骨骨折の経過観察のため入院している原田だが、脳外科の分野では“幻肢痛”に対処する方法はなく……。元高校球児で社会人になっても野球を続けていた原田にとって腕をなくした大きな喪失感が幻肢痛に起因していると想像する黒岩(椎名桔平)は、息子と同じ“保”という名前がひっかかり、痛みに呻く原田を気にかける。実は、その痛みには原田がずっと抱えてきた後悔が隠されていて……。そして深山が自分を避けていると感じた大澤は、“幻の自分”の悪魔の囁きに背中を押され復讐を実行しようと決意。深山を狙って細工をしたエレベーターに立てこもる!しかも、ちょうど出張販売に来ていた来島(古川雄大)と入院患者・木元(吉田美佳子)も巻き込まれてしまい……。大澤がメスを手に深山に迫る中、木元が突然倒れ、一刻を争う緊急事態が勃発する!深山はエレベーター内で前代未聞の緊急オペをしようとするが……!!

PVと関連動画

 

\ 無料で見放題 /

Huluで今すぐ見る
huluアカウントを新規登録すると『2週間無料トライアル』が適用され無料で見放題。

 

 

 

シェアをお願いします。